SONGKRAN


タイでは毎年4月13日に新年となり、水を掛け合って新年を祝う風習があります。当日は水鉄砲・バケツ・ひしゃくなどありとあらゆる道具を使って、誰彼ともなく水を掛け合い、更には白い粉も登場して無礼講です(水や白い粉を掛けられたくない人は外出しないことです)。特にチェンマイやバンコクの王宮前広場(カオサン通り)では、派手に水を掛け合っており(その様子はこちら)、タイの人々にとっては1年で最も大きなイベントと言えるでしょう。ソンクランは4月13−15日ですが、ソンクラン・フェスティバル自体はカレンダーの休日によって、その前後より開始されることもあり、また地域によって若干前後することもあります。尚、ソンクランとはタイ語で移動する・場所を変えるという意味で、太陽の位置が双魚宮(魚座)から白羊宮(牡羊座)に移る日のことです。

マグカップ販売ページに戻る