KRADANG-NGA(又は、GARAVEG)
「KRADANG-NGA」は、バンレイシ科の草木で、美しい黄色い花は、強烈な甘い芳香を放ち、タイでは、これを抽出して、お菓子や料理の香りつけに使われます(アロマテラピーや香水の材料として有名なイランイランも同じバンレイシ科の草木です)。また、茎から鳥の爪のようなフックが生え出ており、鶯爪花(オウソウカ)、鷹爪花とも言われます。

強烈な芳香を放つこの花も、タイ芸術に取り入れられ、お寺の壁などにも良く見られる文様です。また、茎と葉が絡まる曲線的なこの文様は、インド芸術の影響を少なからず受けていると言えます。

マグカップ販売ページに戻る