タイ関連ニュース

メールマガジン「今日のタイねた」としてお届けしておりますので、よろしければこちらからご登録下さい。

★私がバンコクで泊まったホテル・サービスアパートの宿泊記

7月27日
●ショッピングモール「セントラルプラザ」を開発・運営するセントラル・パタナー社が、セントラル・フェスティバル・プーケットでテーマパークを建設する為の合弁会社を設立しています。

セントラルフェスティバルプーケットは、通りをはさんだ対面で拡張工事を行っており、その中にテーマパークもできるということでしょうか。

合弁相手はライトマンというイベント・展示の企画・デザインをしている会社で、BTSプロンポン駅近くの「ディノサウルスプラネット」にもかかわっているようです。

●エアアジアが11月からクアラルンプール・ホアヒン線に5便で就航を検討しているようです。実現すればホアヒンにとって初の国際線定期便になります。

現在、国内線を含めてもホアヒン空港には定期便の運航がありません。バンコクから約200km、車で3時間程度で行ける距離が航空路線を成立させるには難しいようです。

●コンサドーレ札幌に期限付き移籍したタイ代表MFのチャナーティップ選手が、昨日ルヴァン杯のセレッソ大阪戦で後半開始から出場し、Jリーグデビューを果たしています。

タイ代表DF (SB)でキャプテンを務め、フリーキック職人の異名を持つムアントンユナイテッドFC所属のティーラトン・ブンマータン選手も、来シーズンはJリーグに移籍する可能性があるようです。

●ピーチのセールで、沖縄・バンコク線は87日〜12214,990円、総額では5,170円+支払手数料となっています。バンコク発は2,430バーツ+支払手数料。飛行距離からするとかなり安いと感じます。苦戦しているのでしょうか。

5月に台北へ行った際に初めてピーチを利用しました。使用機材LCC御用達のエアバスA320で、これと言って他と違いはありませんが、海外LCCと比べて、フライトアテンダントに気遣いがあると感じました。
http://tomarithai.com/blog/?p=44557

●来月1931日の期間、東南アジア競技大会(SEA GAMES)がマレーシア・クアラルンプールで開催されます。2年毎の同大会は今年で第29回、1959年の第1回大会はバンコク開催でした。

前回2015年のシンガポール大会では金メダル獲得数でタイは1位に輝いています(金・銀・銅合計ではシンガポールが1位)。

バンコク 日本式ウォシュレットが設置されているホテル・サービスアパート

7月26日
●来月25日に最高裁がインラック前首相に対し、コメ担保融資制度における「職務怠慢罪」の判決を言い渡す予定ですが、彼女の銀行口座が凍結されつつあるようです。

軍政による調査委員会は、この担保融資制度により国家財政に1,780億バーツの損害が出ており、その約20%350億バーツ(約1,160億円)はインラック前首相に支払わせるべきとしています。

少なくとも12の銀行口座が判明しており、うちバンコク銀行の7つの口座は凍結されたようです。首相時代に公表されていた彼女の資産額は約6億バーツです。

●今年は日本とタイの国交樹立130周年ということで様々なイベントが行われていますが、一昨日から外務省・外交史料館で両国の交流の歴史を紹介する特別展示が始まっています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/da/page25_000898.html

91517日に「第1回タイフェスティバルin福岡」が開催されます。タイ国際航空の直行便があるなど、タイとは関係が深い福岡ですが、「第1回」ってことは、今までタイフェスティバルが開催されてなかった?

ネットで検索すると20132015年にも開催された形跡があるので、主催者が変わって第1回ということなのでしょうか。

●昨日お伝えしたスクートとタイガーエアの合併、スクートへのブランド統一ですが、便名は成田・バンコク線を含む旧スクートの便も「TZ」から旧タイガーエアで使用していたTR」に統一されています。

また合併を記念してプロモーションを実施中で、成田/関西・バンコク線は821日から929日までの期間が9,900円〜となっています。

私が見た時点で成田発は824日、91822日、24日、2629日に9,900円が残っていました。

バンコク 日本の民放テレビをライブで見れるホテル・サービスアパート

7月25日
●イミグレーションでの待ち時間を減らす為、タイでも出入国カードの廃止が検討されています。まずはタイ人のみ廃止し、その後外国人にも適用というプランもあるようです。

出入国カード廃止前に、10月から現在の入国と出国がミシン目でつながった用紙がバーコード付きの1枚のタイプに変わるとも言われています。

マレーシア、ベトナム、マカオなどは出入国カードを既に廃止しており、台湾も事前にオンライン申請すれば、出入国カードの記入は不要。香港は出入境カードはありますが、パスポートにスタンプは押されません。マカオはカード・スタンプ共にありません。

●赤字続きのノックエアは中国路線を中心に路線網を広げ、現在5%程度の国際線比率を本年末には20%へ、来年は3035%2019年には40%2020年には50%に引き上げたいとしています。また国際線拡大計画の中で、沖縄と福岡も就航先候補として挙がっています。

JALがベトナム最大のLCC、ベトジェットエアと提携するようです。かつてコードシェア便を運航するなど提携していたベトナム航空をANAに取られてしまいましたからね。

昨年のベトナム国内線のシェアはベトナム航空が42.5%、ベトジェットが41.5%、現時点では既に逆転していると言われています。但しベトナム航空が70%出資しているジェットスター・パシフィックが14.2%のシェアを持っており、これを加えればまだベトナム航空が優位。ベトジェットエアには2回乗ったことがあるのですが、余り良い印象がないです。
http://tomarithai.com/airlines_review_vietjet_air.htm

繁忙期を除けば、ベトナム航空は日本からバンコク・シンガポール・クアラルンプールへ行くのにハノイ・ホーチミン経由で、かなり安い料金が出ています(日本〜ハノイ・ホーチミンより安い)。東京・大阪〜ハノイ・ホーチミン間は新造機のボーイング787-9やエアバスA350-900の導入も進んでおり、料金からすれば、かなりお得感があります。

ボーイング787-9  http://tomarithai.com/blog/?p=42896
エアバスA350-900 http://tomarithai.com/blog/?p=44419

尚、ベトナムにビザ免除で出入国後、30日以内に再入国する場合はビザが必要になりますので、往路・復路共に入国する旅程はお気を付けください。ベトナム行きの便に乗る際は、どの航空会社でもチェックイン時に必ず「一番最近ベトナムに行かれたのはいつですか?」と聞かれると思います。

●本日シンガポール航空傘下のLCCであるスクートとタイガーエアが合併、スクートが存続会社となっています。尚、チャイナエアライン傘下のタイガーエア台湾は継続してタイガーエアのブランドを使用します。

スクートの機材は全て新造のボーイング787-8/787-9でしたが、今後は旧タイガーエアのエアバスA320も入って来ます。

現時点では旧スクートの便は「TZ」、旧タイガーエアの便はTR」が便名についたままで変わっていません。バンコクでは旧スクートがドンムアン、旧タイガーエアがスワンナプームの発着です。

バンコク 全室に洗濯機があるホテル・サービスアパート

7月24日
●インラック前首相が、コメ担保融資制度で国家財政に莫大な損害を与えた「職務怠慢罪」について、最高裁が825日に判決を言い渡す予定になっています。

その前81日に行われる最終陳述を含め、赤シャツなどの支持者らが最高裁に集結、軍政はそれを阻止という構図が予想され、一悶着ありそうです。

2013年から行われているワットアルンの改修工事が来月に完了し、足場などが外されるようです。また1227日から15日までの10日間に改修完了の祝賀行事が行われる予定となっています。

●タイ東北部、コーンケーン県のライトレール(LRT)の運営業者を決める入札が年末にも行われる予定です。但し、閣議承認を経る必要がありますが。

同県ムアン郡タープラ地区からサムラーン地区を結ぶ16駅・23kmの路線となる計画。

東北部では他にナコンラチャシーマー(コラート)、ウドンタニー、ウボンラーチャタニーといった大きな街がありますが、コーンケーンが中心的な位置付けになりそうですね。地理的にも東北部の中心に近い位置にありますが。

●ソイ・トンロー10のアリーナ10にあった「らーめんチャンピオンズ」、最近はまだ営業しているの?という廃墟感を醸し出していましたが、「JIA トンロー10」という名称に衣替えされています。

ラーメン店は以前からある「よね田」のみ、他に香港ロースト(焼味)「明記」、中華料理「PINGS KITCHEN」、焼き鳥・アジア料理「STIX」の計4店舗が出店。夕方5時から午前3まで営業しています。テーマを日本(ラーメン)から中華に切り替えたみたいですね。

タニヤ・パッポン徒歩圏内のお手頃料金ホテルならココ!

7月21日
102529日の葬儀に向け、現在王宮前広場に建設されている故プミポン国王の火葬場が、葬儀後、1 1130日の期間一般公開される予定となっています。

●タイ中央銀行が新紙幣を発行し、920日から流通されると発表しています。ワチラーロンコーン新国王の肖像画がデザインされた紙幣かと思いましたが・・・

表面は現在の紙幣と全く同じデザインで裏面のみ変更されます。20バーツ札の裏面は若かりし頃のプミポン国王の肖像画、金額が上がるにつれて年を重ねたお姿になっていきます。

●炎上商法でお騒がせの在タイ・アメリカ人のユーチューバーMY MATE NATE」って、元々モルモン教の宣教師としてタイに来たようです。

●タイ国際航空がWEB限定で昨日から26日まで・席数限定のタイムセールを行っています。対象は91日〜来年131出発の旅程で(適用除外日あり)、バンコク往復33,000円。総額は出発空港の空港使用料などにより36,650円〜38,720円。
http://thaiair.co.jp/special/spdeal/websp_JUL17/index.html

●「タイのメッシ」ことチャナーティップ選手が期限付移籍で加入したコンサドーレ札幌が、昨日からタイへ遠征しています。チャナーティップ選手にとっては凱旋帰国?というか日本ではまだ公式戦にも出ていないですけどね。

明日22日にはチャナーティップ選手の前所属先、ムアントンユナイテッドFCと親善試合が行われます。

BTSスラサック駅前 モードサトーン

7月20日
●国連ハイレベル政治フォーラム出席の為、ニューヨークを訪れていた岸田外相とタイのドーン外相の日タイ外相会談が行われています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sea1/th/page3_002157.html

MRTブルーラインのバーンスー駅とパープルラインのタオプーン駅を結ぶ約1kmの区間が811日に開業することで決まったようです。パープルラインが昨年86日に開業してから約1年後にやっと繋がることになります。

●アメリカの旅行雑誌「トラベル+レジャー」の読者投票によるワールドトップ15都市でチェンマイが3位にランクされています。

トップはメキシコのサン・ミゲル・デ・アジェンデ、4位京都、7位ホイアン(ベトナム)、9位ウブド(インドネシア・バリ)、10位ルアンパバーン(ラオス)、13位シェムリアップ(カンボジア)、14位ウダイプール(インド)とアジアの都市が多く入っています。

アイランド(島)部門ではフィリピンのパラワン島が1位、3位ボラカイ島(フィリピン)、10位バリ島。

●昨日、スクンビット・ソイ4にアフリカ黒人系の立ちんぼが多かったと書きましたが、まさにそのソイ4を中心に14日に警察・軍などによる取り締まりが行われ、男女合わせて80人のアフリカ人を拘束、うち21人がパスポート不携帯、オーバーステイなどで逮捕されていました。

●チェンマイ空港からメータータクシー(黄・青のツートンカラー)を利用したのですが、メーター使用ではなくて固定料金でした。

旧市街まで13人の場合150バーツ、リムジンタクシーが160バーツなのでほぼ同じです。帰りはソンテウ(赤バス)と交渉して100バーツでした。

街中では歩き中心で何度かソンテウ(赤バス)を利用しただけですが、メータータクシーはメーターを使ってくれるのかな?

゜:*★タイのオプショナルツアー予約Alan1.net★*:°

トップページに戻る


泣jューロード
〒130-0025
東京都墨田区千歳1-1-14-914
TEL (03)-5638-9020
FAX (03)-5638-9021

webmaster@newroad21.com