タイ関連ニュース

メールマガジン「今日のタイねた」としてお届けしておりますので、よろしければこちらからご登録下さい。


ホテル・リゾートの無料延泊や無料アップグレードなどのお得な情報!
・バンコク ・パタヤ  ・プーケット ・サムイ島 ・チェンマイ

★私がバンコクで泊まったホテル・サービスアパートの宿泊記

2月27日
●「ホワイトテンプル」ことチェンラーイのワットロンクンの画像がチョコレートの箱に無断で使用されていることに、同寺のオーナー兼デザイナーのチャルームチャイ氏が怒りをあらわにしています。

ロッテ上海フードという韓国・ロッテ製菓の中国法人が製造したチョコレートで、タイにも輸入されて、チェンラーイの空港、スーパーなどでも販売されていたようです。

結局、この商品を撤去し、関連した会社が50万バーツをチェンラーイの盲学校に寄付することで和解しています。

話は変わりますが、日本の地方競馬に「ワットロンクン」という名前の競走馬が登録されているんですね。毛色はやはり白です。正確には灰色に近い芦毛に分類されていますが。

●スクンビット・ソイ2446/1にあるサービスアパートのホープランドが、ソイ8にホープランド・ホテル&レジデンススクンビット8をオープンしています。

ソイ8の真ん中くらい(下記Agodaの地図は少し間違っています)、BTSナナ駅から徒歩6分ほど。現在プロモーション中、なんと税・サ込1,690バーツ(約5,400円)。キャンセル変更不可、朝食は付いていませんが、40平米を超える広さ&このグレードの部屋と立地でこの値段はかなりお得だと思います。
https://www.agoda.com/ja-jp/hope-land-hotel-residence-sukhumvit-8/hotel/bangkok-th.html

●タイ・エアアジアXが成田及び関西発バンコク行きで片道10,999円のプロモーションを実施中です。搭乗期間は611130日、予約は311日まで。

レガシーキャリアの燃油サーチャージが上昇傾向の中で、片道10,999円は安いと思いますが、原油価格≒ジェット燃料価格が上がる前の去年ならば、9,990円か9,999円だったのでは。

尚、成田・関西発は往復の復路(バンコク発)も対象ですが、バンコク発はこのプロモ運賃の対象外のようです。

羽田空港までの往復シャトルバスがあるホテル予約/ホテルマイステイズ

2月24日
BTSスクンビット線のベーリン駅〜サムロン駅の1駅の延伸区間は来月テスト走行を行い、41日に開業予定です。

サムロン駅はスクンビット通り沿い、インペリアルワールドを過ぎて、サムロンヌア署前、テーパラック通り手前にあります。

●昨日早朝バンコク・フアランポーン駅に到着したチェンマイ発(一部車両はナコンランパーン駅発)52番急行列車のトイレで20代と見られる西洋人女性の遺体が発見されています。

ドアのノブに紐を掛けて首を吊っており、自殺とみられています。車両には日の丸が・・・日本から譲渡された車両なんでしょう。

●昨日午前中、タイ・アランヤプラテートとカンボジア・ポイペトとの国境付近で、タイ側が関税を大幅に引き上げたことに抗議したカンボジアの鮮魚商人らが、大量のプラーチョン(雷魚)を通りにぶちまけて、交通が遮断される騒ぎが発生しています。

とりあえず騒ぎを治める為、昨日は旧レートでの輸入を認めています。タイ側の市場で、安いカンボジア産鮮魚にタイ産が駆逐されている現状があるようです。

●ここ最近タイでずっと報道されているのが、タンマカーイ寺院の教祖(前住職)の逮捕を目論む軍・警察と僧侶・信者のにらみ合い・衝突のニュースですね。

タンマガーイ寺院はご存知の通り、東京・荒川区に東京本院があるのですが、他に大阪・長野など日本国内に9ヶ所も別院あり。東京本院にはタクシン元首相がやって来たことがあり、同寺はタクシン派とつながりが深いと言われています。

タイフェスティバルにも出店していて、瞑想・短期出家などの勧誘というか布教活動をしています。タイ王国大使館=外務省=タイ政府が主催するタイフェスティバルに今年も出店するのでしょうか?

BTSナナ駅徒歩1分 グランドビジネスイン

2月23日
●ドンムアン空港の国際線ターミナル1、国内線ターミナル2駐車場棟を結ぶ68kmの空港内交通システム・APM(全自動無人運転車両)の建設が検討されています。

●訪タイしている福岡県の小川知事らがドン外相と会談、福岡にタイ王国総領事館の開設を要請しています。

福岡では昨年タイ政府観光局(TAT)とタイ政府貿易センター(商務省傘下)の事務所が閉鎖されています。

●日本映画「この世界の片隅に」が本日23日からタイで公開されています。タイ題ではケー・ワート・ファン・ハイ・ローク・スアイとなっています。

●マレーシア航空がビジネスクラスのセールを開催中です。成田発でバンコクなどマレーシア国内以外の東南アジア各都市往復(クアラルンプール経由)が8万円・総額85,000円前後、関西発は8.1万円で総額86,000円前後と、ビジネスクラスとしては激安です。

セールは38日まで、対象の旅行期間は4/14/255/57/21となります。

マレーシア航空はエアアジアの勢力拡大もあり、元々経営不振だったところに、2014年に消息不明と撃墜という2件の衝撃的な事件に見舞われ、一昨年新会社に移管されました(表向きの運航サービスは何も変わっていませんが)。

負債や人員をカット出来たせいでしょうか、それ以降はエコノミークラスも含めて、かなり安い料金のセールで攻めているなあと感じます。

私はエコノミークラスしか乗ったことがないですが、フライトアテンダントのサービスはちょっと雑・がさつな感じ、やはり日系2社とは違います。でも値段を考えると充分許容範囲です。

バンコク ウォシュレット付きトイレのあるホテル・サービスアパート

2月22日
●タイ・エアアジアの国内線乗客数におけるシェアは29.5%なり、一昨年の28.5%から上昇しています。2位はノックエア20.3%ですが、パイロット不足・ストライキによる運休により一昨年の24.8%から大きくシェアを落としています。

3位がタイ・ライオンエアの18.7%、安値攻勢で路線を拡大中。タイLCC業界の暴れん坊と言われていまして、一昨年の13.9%から大幅アップ。

以下、バンコクエアウェイズ11%、タイスマイル10.5%、タイ国際航空9.1%と続いています。

●外国人に対して位置情報をトラッキングできる携帯SIM義務化が検討されていましたが、セキュリティ面でのメリットより観光に与えるデメリットの大きいと判断し、とりあえずこの話はなくなったようです。

●農業・協同組合省は年内にもサトウキビに対する補助金と砂糖の国内価格管理を止めると明らかにしています。

タイのこうした保護政策が価格形成を歪めているとして、昨年来ブラジルが世界貿易機関(WTO)に提訴する動きを見せていました。

ブラジルは世界一のサトウキビ生産国であり砂糖輸出国、タイはサトウキビの生産量で4位、砂糖の輸出量で2位。

●静岡県三島市の万城食品が31日に「パッポンカリーソース:を発売します。
http://www.banjo.co.jp/wp-content/uploads/2017/02/20170210Press-releasebanjo.pdf

カニを具に使ったプー・パッポンカリーが一番有名ですが、食べにくいので、私はイカを使ったプラームック・パッポンカリーが好きです。プーパッポンカリーでも、店によっては殻を取り除いた蟹肉だけのバージョンもあります。

週末が安くて狙い目 バンコクホテルロータススクンビット

2月21日
1月にタイへ入国した外国人数は3,197,053人・前年同月比6.5%増、うち日本人は129,505人・同5.7%増となっています。

ゼロドルツアーと呼ばれる格安ツアーの取締りで、昨年10から前年同月比マイナスが続いていた中国人が859,617人・5.5%増とプラスに浮上しています。

但し今年の春節(中国正月)が128日、昨年は28だったことから、一概に回復しているとは言えないでしょう。

他にロシアの176,881人・同27.4%増も目立ちます。

●マネーロンダリング容疑で教祖に逮捕状が出ているものの、僧侶・信者が警察の突入を阻んでいるパトゥンターニー県のタンマカーイ寺院は、広大な敷地内にある施設・ホールの形状から「おっぱい寺」とか「UFO寺」などと呼ぶ人もいます。

グーグルマップの他、ドンムアン空港の1520km北にあるので、ドンムアン着の便から見えることも多いのですが、おっぱい風の建物が3つあるんですよね。

●昨年8月に開通したパープルラインですが、利用者数が予想を大幅に下回っており、需要活性化策として、特に客が少ない土日・祝日の運賃が来月から一律15バーツ(学生14バーツ、シニア・子供8バーツ)となります。正規運賃は1442バーツ。

この週末割引は、来月からタオプーン駅とブルーラインのバーンスー駅間の運行が始まる8月まで行われる予定です。

●一昨日ピーチの那覇・バンコク(スワンナプーム)線が就航しました。使用機材は180席のエアバスA320-200で、初便は那覇発が159名・搭乗率88.3%、バンコク発は179名・搭乗率99.4%となった模様です。

\全国100路線以上販売中!/
高速バス・夜行バスの予約は【ウィラートラベル】

2月20日
●最近はタイでも売っているので希少価値がなくなってしまいましたが、以前はキットカットの抹茶味が日本土産としてタイ人に人気でしたね。

それにインスパイアされて?タイ観光スポーツ省がドリアン、マンゴスチン、タマリンドといったタイを代表する果物のキットカットを作って欲しいとネスレに持ち掛けているそうです。

タイはドリアンの生産では圧倒的に世界一です。と言ってもドリアンは東南アジアと南アジアの一部くらいにしかないのですが。

私はドリアンが大好きなのでよく食べるのですが、味ではタイとマレーシアのトップ争いではないかと思います。品種のバラエティという意味ではマレーシアです。

●タイ・エアアジアが330日から、パタヤ(ウタパオ)・プーケット線及びパタヤ・ウボンラーチャタニー線に新規就航します。

●ランスアン通りの高級サービスアパート、ナチュラルヴィルが「ザ・ダッチェス(The Duchess)」に名称変更しています。

ランスアン通りはタイの青山通り?なんて言われるハイソ通りですが、短期旅行者の宿泊エリアとしてはあまり人気がない気がします。都心だけど、どの繁華街も徒歩圏内ではないからでしょうか。

ザ・ダッチェスや隣のセンターポイントチットロムあたりは、BTSスクンビット線チットロム駅が徒歩約8分、BTSシーロム線ラチャダムリ駅が約5分と2線利用出来るので意外と便利です。
https://www.agoda.com/ja-jp/the-duchess/hotel/bangkok-th.html

●スクンビット・ソイ107(ソイ・ベーリン)の入口近くにあるバイクタクシー乗り場で無料のWifiサービスが開始されています。

夕方〜夜にかけて、客に対してバイクタクシーの数が足りず、長い行列になって待っている客に対するサービスとして始めたものです。

日程より5千円前後〜 BTSアソーク駅8分 レンブラントタワーズ サービスアパートメンツ

トップページに戻る


泣jューロード
〒130-0025
東京都墨田区千歳1-1-14-914
TEL (03)-5638-9020
FAX (03)-5638-9021

webmaster@newroad21.com